シワの治療法なら

たっぷりの保湿がしわには有効

ビタミンAやタンパク質の不足は肌を乾燥気味にさせ、弾力を失わせるため、小じわができやすくなります。

原因と予防
食生活の改善

日頃、私たちが口にしているものはとても重要です。

ビタミンAやタンパク質が不足すると、肌は乾燥気味になり弾力もなくなり、結果、小じわができやすくなります。もちろん、栄養の偏りだけがしわに影響を与えるわけではありません。しわ予防のために大切な食生活のポイントは、「栄養のバランスを考えること」「野菜や果物を積極的ととること」「水分をたっぷり補給すること」の3つです。

ポイント1「栄養のバランスを考える」

  • 無理なダイエットは栄養のバランスが崩れるもとです。赤・緑・黄色といった彩りのよい食事は、自然と栄養バランスもよくなりますので意識してみてください。
  • スナック菓子、インスタント食品など、添加物の多いものばかりが中心の食生活では、栄養のバランスが崩れるだけでなく添加物の害も肌に影響を与えます。
  • 暴飲暴食も控えたほうがいいでしょう。

ポイント2「野菜や果物を積極的にとる」

  • しわ予防には、野菜や果物をたっぷりとってビタミンやミネラルを補給してあげることが大切です。どうしても摂れないときは、野菜ジュースやサプリメントなどで補ってあげるのもいいでしょう。
  • おやつに甘い物が食べたいときなども、季節の果物の甘さで代用するようにすれば糖分と一緒にビタミン・ミネラルも補給できます。
  • 同じ野菜でも生野菜ばかり食べていると身体が冷えてしまいます。とくに冷え性の人や寒い季節は、煮物や茹でた温野菜サラダなどにして食べるようにしましょう。

ポイント3「水分をたっぷり補給する」

  • 水分補給もしわ予防には欠かせません。ジュースや清涼飲料水は意外にも糖分が多いため、できればお水やお茶などがいいでしょう。
  • 冷たいお水をガブ飲みすると身体が冷えてしまいますので、常温か温かいお茶などをゆっくりと飲むようにしてください。
  • 飲む時間帯も午前中は身体の代謝機能を高めるため多めの補給を心がけ、夕方以降は控え目にしてください。