シワをなくしてハリを取り戻す

体の筋肉は使えば使うほど発達

体の筋肉は使えば使うほど発達し、いつまでも若さを保つ

コラム
豊かな表情が生み出すシワ

気になる顔のシワはまず表情筋を鍛えましょう。

表情筋とは、顔の目、鼻、口などを動かす筋肉のことを言い、30種類以上もの筋肉があります。

体の筋肉は使えば使うほど発達し、いつまでも若さを保ち、逆に使わなければ簡単に筋力は低下します。顔の筋肉も同じことです。

表情筋を鍛えれば、いつまでも若々しい表情が保てます。
いつも不平不満だらけで眉間にシワをよせてばかりいると、仏頂面の筋肉ばかりが発達してしまいます。
怒ってばかりいると、怒り顔をつくる筋肉ばかりが鍛えられるということです。

反対に、不幸な出来事でもポジティブに考え、いつも笑っている人は喜びや笑いの筋肉が発達するので、若々しい表情を保つことができます。

いつも表情が生き生きしている人は、無意識に表情筋を鍛練していることになります。
自分の顔を鏡でよく眺め、まずは顔の筋肉トレーニングから始めたほうが、エステに行くよりもずっと安価で、効果的なシワ対策ができるに違いありません。

よく「表情が豊かな人ほどシワができやすい」といわれますが、それは筋肉の動きによって物理的にシワができるということに過ぎません。
鏡に顔を写しながら、さまざまな表情をつくってみましょう。
たしかに筋肉の動きでさまざまなシワが出現しますが、それは一時的なもので、表情を変えるとシワも動きといっしょに消えます。

しかしながら、あるひとつの表情筋を固定的に長時間続けていると、その表情をやめてもシワは消えなくなってしまいます。
つまり、この消えないシワこそのホンモノのシワで、表情によって現れたり消えたりするのはシワのうちには入らないということです。
かえって表情をより生き生きとみせるアイテムにすらなるといえるでしょう。