たるみやシワのことなら

乾燥を防ぐことがしわ予防につながる

肌の奥深くに高周波の電気的な熱エネルギーを加え、コラーゲンの生成を促し、皮膚を若返らせる治療法。

しわの治療法
サーマクールCPT

特徴

サーマクールCPTに使用する機器

▲サーマクールCPTに使用する機器

「サーマクールCPT」は、切らないフェイスリフトと言われ、肌の奥深くに高周波の熱エネルギーを加え、コラーゲンの生成を促進します。たるみを根本的に改善するだけでなく、肌の内部を引き締めリフトアップさせます。
肌(皮膚)は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層から成り立っています。サーマクールで使用される高周波は、表皮を傷つけることなく、真皮に作用します。これにより、皮膚の内部から皮膚を引き締め、なおかつ、皮膚内部のコラーゲンを生成してくれます。
サーマクールの効果は徐々に表れます。治療後、3ヶ月くらいをかけて少しずつリフトアップし、そのまま、約半年ほど効果は持続します。

従来のサーマクールとの違い

サーマクールCPT施術風景

▲サーマクールCPT施術風景

これまでのサーマクールは、現在よりも高レベルの1回照射だっため、痛みが強く腫れを起こすことがありました。しかし、様々な研究を重ね、現在では、ややエネルギーを落として、多数の照射をすることにより痛みを軽くすることができるようになりました。照射先端部のチップも大きさや照射数が改善され、大きな効果を期待できるようになりました。 また、施術後の効果についても、これまでよりも、引き締め効果がアップし、早い段階で実感できるようになりました。

【新式サーマクールCPTとは?】
Comfort(快適な)
Pulse(照射)
Technology(技術)

効果的なパーツ

  • 目の周りの小じわ
  • ほうれい線
  • おでこのしわ
  • 唇のしわ
  • 首のしわ
  • ニキビ跡

サーマクールCPTのメカニズム

1.コラーゲン繊維の収縮による即時的な引き締め効果と輪郭改善(小顔)効果
皮膚層内の5〜35%のコラーゲン繊維が、RFエネルギーの熱によって収縮することで、即時的な引き締め効果が得られます。また同時に、皮下脂肪にある繊維隔壁も収縮するので、即時的な輪郭改善効果もあります。
2.創傷治癒*過程で起こる長期的なコラーゲンのリモデリング
また、創傷が治癒する過程で、組織が収縮する作用もあり、この収縮は約4〜12週間にわたり続くとされています。
*創傷治癒:人体に備わった治癒能力の一種で、傷などを修復・再生する働き

▼痩せて繊維が固くなった肌

痩せて繊維が固くなった

▼サーマクールCPT照射後のハリと弾力のある肌

サーマクールCPT照射後のハリと弾力のある肌

▼モデルの腹部に照射後、皮膚表面温度を赤外線カメラで撮影

モデルの腹部に照射後、皮膚表面温度を赤外線カメラで撮影

3つのコンセプトで熱感の暖和と施術効果向上を両立。

  • 新型フレームチップの採用
    (均一な熱分布で効果的な加熱、 同じ熱感でより高い温度に加熱)
  • RFパルス照射とパルス冷却を組み合わせるコンフォート・ソフトウェア
    (神経への痛みの刺激を紛わせる、熱感が緩和される)
  • バイブレーションが可能
    (ゲートコントロール理論で熱感を緩和)

施術内容

  • 施術時間 約30〜60分
  • 術後の通院 なし
  • 術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり)
  • カウンセリング当日の治療 可能
  • 入院の必要性 なし
  • 麻酔 クリーム麻酔
  • 入浴 当日より可能
  • メイク 直後より可能
  • 洗顔 直後より可能