しわをなくして若返り

しわ対策の美容整形術は多数あり

視力が低下していると無意識に眉をひそめるもの。それがしわを深くすることに繋がるので注意が必要です。

部位別対策
おでこ・眉間

おでこや眉間のしわは深く刻まれやすいものです。

一度できてしまうとスキンケアやマッサージでは改善することが難しいため、しわにならないよう予防することが大切な部分でもあります。

まず予防で一番大切なことは、眉間やオデコにしわが寄らないように意識すること。口元の笑いじわと同じく、机の上や目につくところに鏡を置くようにし、眉間やオデコにしわを寄せていないかをこまめにチェックするようにしましょう。

眉間のしわは視力の低下やストレスとも関係している

視力が合わないメガネやコンタクトを使っていると、知らずに眉をひそめていた…ということもあります。またメガネなどが必要なのに、無理をして裸眼でいればやはり眉間のしわへとつながりますので注意しましょう。

ストレスなどでイライラしても眉間にしわが寄りやすくなります。あまりストレスを溜め込まず、適度に発散することもしわ予防となります。どうしても気になる深いオデコや眉間のしわは、美容外科などの専門家にお任せするのがおすすめです。

オデコと眉間のしわ防止マッサージ

  1. マッサージオイルかクリームを指にとりオデコと眉間、こめかみにおきます。
  2. 両手の人差し指と中指の2本か、薬指も加えた3本で「眉間→オデコ→生え際→こめかみ」の順番でマッサージをします。
  3. 円を描くようにゆっくりと眉間→オデコ→生え際と指をすべらしていき、こめかみのところで止めて力を少し加え5秒ほどキープします。
  4. 蒸しタオルでオイル分をふき取り化粧水で軽くパッティングします。

※このマッサージは、朝晩のスキンケアにプラスしてあげてください。マッサージをするのは化粧をキレイに落とした後か、入浴中ならお肌もうるおいやわらかくなっていますので負担も少ないのでおすすめです。ただし、オイルやクリームは必ずつけるようにしましょう。