しわの治療や予防に

不規則な睡眠はしわの原因

加齢、表情筋の低下などしわになる原因はパーツごとに異なります。それぞれの部分ごとに対策を考えます。

部位別対策

顔のパーツの中でも、部分部分によってしわになる原因はさまざまです。年齢を重ねることが原因となる首、年齢に関係なく若い人でも表れやすい目、表情によって刻まれる口元、一度できると改善が難しいおでこと眉間など。各パーツごとにしわになる原因を徹底解明。原因を理解した上で予防方法、簡単にできるエクササイズやマッサージ方法などを実践してみましょう。いつまでも、しわのない、美しい肌を保てるように、美肌に役立つ情報をお届けします。

加齢や水分不足が原因の首のしわ。対策としては、日焼け止めクリームを外出の際はしっかり塗っておくこと。日傘をさすこと。通気性のあるスカーフなどをまくことです。また、首も適度の運動がしわの予防になります。簡単に実践できる予防方法を、ご紹介します。

年齢に関わらず、若い人でも小じわやちりめんじわが表れやすい目尻や目の下。目のしわを予防するポイントは、「刺激を与えないこと」「乾燥させないこと」の2つです。パソコンや携帯の画面を1時間見たら休憩をはさむ、メイクは重ね塗りをしない、など、さまざまな予防の仕方をお教えします。

表情による筋肉の収縮でできる口元のしわ。無表情でいればできないかといえば、そうではありません。筋肉が衰えてしまい、結果しわができやすくなります。そんな口元のしわを予防する簡単エクササイズや、メイクで口元のしわが隠せるマル秘テクニックなどをご案内します。

一度できるとスキンケアやマッサージでは改善が難しいおでこと眉間のしわ。とくに眉間のしわは、視力の低下やストレスなども大きく関わっています。予防のための簡単マッサージなどもありますが、一番大切なのは、眉間やおでこにしわが寄らないように心がけることです。