シワをなくしてハリを取り戻す

口元のしわ防止に簡単エクササイズ

笑ったときにできるしわなどは、表情筋を鍛えることによって予防することができます。

部位別対策

笑ったときにできる笑いじわ。

笑っていなくとも鼻の両脇から口元にかけてくっきりとできる「ほうれい線」。
また、すっぱい梅干でも食べたときのような口元の縦じわ。どれも気になります。

表情筋を鍛えるエクササイズ

口元のしわは、表情による筋肉の収縮によりできます。だからと無情表でいれば、今度は筋肉が衰えてしまい、結果、しわができやすくなります。もちろん、乾燥や加齢も皮膚そのものの弾力が失われる原因ですので、やはりしわができやすくなってしまいます。

口元のしわ予防には、こんなエクササイズがおすすめです。

  1. 口を大きく開いて「アカンベー」をするように舌を出し、そのまま20秒キープします。
  2. 次に「ア・イ・ウ・エ・オ」と大きくゆっくりと口を動かします。
  3. 最後は、上を向いてアゴを上げ、そのままニッコリと口角が上がるように微笑んで20秒キープします。

※このエクササイズは1分もあれば終わってしまいます。テレビを見ているときやお風呂の中ででも手軽にできますので、是非、毎日実践してみてください。
また、机の前などに鏡を置いておき、意識して口角を上げる練習をしてみるのもいいでしょう。眉間にしわが寄っていないかをチェックするのにも鏡を目の前に置いておくと便利です。

メイクで隠す口元のしわ

ほうれい線を目立たなくするには、影のできる部分にワントーン明るめのファンデーションを薄くのばしてください。明るめのフェイスカラーやハイライトペンシルでもOKです。リキッドタイプのファンデーションを使う場合、よれてしまうことがないよう指先でしわの部分に薄くつけ、丁寧に何度も押さえるようにしましょう。

ただし、くっきりとできてしまったほうれい線には、メイクやスキンケアでは対応しきれないのが現状です。あまり目立つようなら、手軽にできるボトックス・ボツリヌストキシンやコラーゲン、ヒアルロン酸注射など、美容外科の力を借りたほうがいいかもしれません。

おすすめの美容外科治療